女性でも育毛シャンプーを薄毛治療として日頃の美容に組み込んでいる

選び方

高級サロン

肌と髪は女性ホルモンと密接な関係にあります。
20後半に女性ホルモンのピークを迎え、35歳前後のホルモン分泌のピークを過ぎると、多くの女性は肌状態が不安定になったり、髪質の低下や毛量の減少を感じはじめます。
分かりやすいのがスタイリング(髪型)で、トップにボリュームを持たせるヘアスタイルが出来なくなります。
そんな薄毛に悩んでいる方に大切なのが、正しい美容・ケア方法です。
「びまん性脱毛症」35歳後半からの女性の薄毛で最も多く、男性の脱毛症と違い、全体が均等に薄くなります。
原因は、ストレス・急激なダイエット・間違ったヘアケア・女性ホルモンの減少などです。
そのため生活習慣を改善だけで、薄毛に効果的で美容全般に対する意識も上がっていきます。

「ヘアサイクル」髪には、活発に毛が伸びる成長期(全体の85~90%)毛の成長が止まって抜ける退行期(全体の1%)次の毛が生まれるまで頭皮の中でスタンバイしている休止期(10~15%)といった毛周期があります。
薄毛の原因は、ヘアサイクルの乱れ。
加齢によりホルモン分泌の減少で、成長期が短縮し全体に栄養不足の細い髪になります。
「医療機関での育毛治療法を活用」最新の育毛治療では、毛周期のサイクルの乱れた成長因子に着目して、正常なサイクルへ近づけます。
育毛ケアの中にも同じような発想で作られている商品も登場しています。
選び方は、2種類(ワンセット)に分かれているものが多く、毛母細胞の発現を促す成長因子と同様の働きが期待される「1剤(オクタペプチドー2)毛根を活性化」「2剤(グリチルリチン酸ジカリウム)ハリ・コシ・育毛」などが配合されたものが効果的。
育毛前のシャンプー選びも大切。
マイルド(アミノ酸)系で、やさしく洗髪することがおすすめです。